長く辛いつわりを経て、やっとこの世に誕生してきてくれた我が子。
ちいさなちいさな身体で精一杯生きている姿を見ると、
「天使のように屈託のない笑顔は、私が一生守り続けていくのだ」と、思わずにはいられません。

私たち母親にとって出産や子育ては、この時代を強く生き抜いていく決意をさせてくれる、人生最大の出来事だと思います。


子どもの人格形成には、乳幼児期の育成環境が大きく影響を与えます。
しかし、昨今はその育成環境に変化が起き、子どもたちが心身のバランスを崩す原因に繋がっていると言われています。
遊ぶ「時間」、「空間」、「仲間」の減少に加えて、現代では母親も父親と同じように 外で働くようになってきました。 つまり、子どもたちにとって一番身近な存在である母親の存在という「人」の環境も変化してきていると言えます。

日本でもワーキングマザーが増えてきていますが、働く母親を支援する制度や環境はまだまだ十分ではありません。
仕事が終わって家に帰ると、私たち母親には育児と家事が待っています。 それがやっと終わればクタクタで子どもと一緒に寝てしまい、すぐに朝が来る。

子どもたちと一緒にゆっくり過ごしたくとも、そのように時間がなかなか取れないというのが現状です。
だからこそ、私たち母親が子どもと一緒に過ごすことができる短い時間の中で、子どもにたっぷりと愛情を注げる環境が必要になってきているのではないでしょうか。



・バブルチューブ、光ファイバー、プロジェクター、音楽、アロマ、柔らかく大きなクッションなどが用意されています。
 (バブルチューブとは、ポコポコと泡の出る大きな光るチューブです。その音は、胎児が聞く羊水の音に似ているとも言われています。)
・リラックスして静かに過ごせる環境の中で、お子さんが心身ともに安心して五感を通じた探索活動をすることができます。
・お子さんの想像力やコミュニケーション能力を高めることを手助けします。
・そばにいるお母さんやお父さんたちもゆったりと過ごすことができ、新たな気づきを与えてくれます。





《スヌーズレンルームを体験されたお母さん方の感想(抜粋)》

・スヌーズレンルームの中ではお腹の子がいつも以上にドンドコ動いていた!(妊娠中の女性)
・すごくすっきりした。子どもとリラックスし楽しめてしっかり向き合えたという実感がいい。(1歳男児 母親)
・いろんなものに興味を持ってアグレッシブに物を触りに行っていた。(10か月男児 母親)
・初めての場所は苦手で癇癪を起こすが、とても楽しく遊んでいてびっくりしました。 (2歳男児 母親)
・場所見知りが激しい子なのに、すぐに慣れて子どもが想像以上に喜んでくれてすごく良かった。(4歳自閉症男児 父親)
・素敵な空間に魅せられて「わー!わー!」と終始ずっと嬉しそうにしていた。(3歳女児 自閉症傾向あり)


こちらのスヌーズレンルームでは今後、絵本の読み聞かせ会、ベビーマッサージなどのイベントを随時開催予定です。



  

                         
snoezelab.com   運営会社 : Relax' Creation project Inc.